2002年に渡ハして12年。ハワイから、Alohaをお届けします♪


by mikity
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

こんなんできました♪


アーユルヴェーダー的レシピに必要な材料が揃ったところで
早速、お料理してみましたよ♪

e0277172_10173779.jpg

こんなんできました♪

このアーユルヴェーダー的レシピ本
写真はこの本の表紙の写真1枚きり。

Mahoko先生が、FBの写真などを見せてくれて
どうにかイメージをつかみました。笑

e0277172_1018237.jpg

これが、まず最初に作りたかったお豆のスープ♪

レシピではフレッシュターメリックのすりおろしとなっていましたが
パウダーのターメリックを代用。

Asafoetida というスパイスもレシピに入っていますが
これはどこへ行っても見当たらず・・・
入れずに作りました。

ギーをあたため、しょうがのすりおろし、ターメリックパウダー、クミンシード、ミネラルソルトを加え
香りが出るまで炒めます。
一晩水につけたマングビーンとさっと洗ったひじきを加え、スパイス・ギーでコーティング。
お水を加え、沸騰したら火を弱めてフタをして25分ほど煮ます。

しょうがとターメリックで、なんともエスニックなお味。

ビネガー星人の血を引く私、ちょっとお酢を加えてみましたよ。
うん、いい感じ♪


e0277172_1019972.jpg

こちらは、ケールとバスマティライスにオキナワンスイートポテト。

ケールはザクザクっと切っておきます。
ごま油をあたため、フェヌグリークシードとミネラルソルトを加え
香りが出るまで炒めます。
フェヌグリークシードは焦がすと苦味が出るので焦がさないように!
フェヌグリークはマメ科の植物で、カレーの香りに基になっている植物なんですって

ケールを加え、ざっと炒めたら、水をすこーし加えてフタをして
葉の色が濃く、やわらかくなるまで、ちょっと蒸し煮します。

このケールのレシピ、ごま油とフェヌグリークの香りがとても良く
私のお気に入りレシピになりました♪

バスマティライスは、本当はお鍋で炊くんですが・・・
お鍋が足りないので、炊飯器で炊いちゃいました。

一番シンプルなバスマティライスのレシピで
洗ったバスマティライス2カップに対し、水3カップ
ギー大さじ1と小さじ3/4のミネラルソルトを加えてスイッチオン。

パラパラの甘い香りのライスが炊き上がりました。

オキナワンポテト(紫色のサツマイモ)は
Miffyママがふかして持たせてくれたものがあったので
それをたださいの目にカットしただけ。


このお料理の正しい食べ方ですが・・・
全部一緒に食べるのが正解。

ケール、オキナワンポテト、バスマティライスのお皿に
お豆のスープを全部かけちゃいますよ。

それぞれのお味が少しずつ混ざって、なんとも言えないハーモニー♪


週に一度、アーユルヴェーダのお料理を楽しんでいます♪
ミネラル豊富で、胃腸にも優しい。
体の中が浄化されるような気がしますよ♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-10-14 16:00 | 料理 Cook