2002年に渡ハして12年。ハワイから、Alohaをお届けします♪


by mikity
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:遊ぶ Activities( 13 )


気付けば、今年も残すところあと1日・・・
家族のハワイ滞在記、年越し決定です。笑

*****
両親ハワイ滞在4日目。

数年前から、ずーっと気になっていた場所がありました。

なんでも、12歳で億万長者となった女性が
後に、彼女の理想郷(シャングリラ)をハワイに建てとか。
その邸宅を、ホノルル美術館のツアーで見ることができるらしい・・・

一度、両親が来る時に合わせて、ツアーの申し込みをしてみたんですが
なんと、このシャングリラ邸、メインテナンスのために毎年9月は休館!
両親がハワイに来るのは毎年9月。
無理じゃ~ん・・・とあきらめていたら、今年は11月に来ることに!
早速、シャングリラ邸、日本語ツアーを申し込みましたよ!


Doris Duke's Shangri La について少々・・・

e0277172_1223298.jpg
Doris Duke - Google Image より
美しい女性でしょ~


1912年、ドリス・デュークはニューヨークで生まれました。
その当時、ドリスのお父さんは、タバコ産業と電気会社で成功を収め、巨万の富を築きました。
ドリスが12歳の時、お父さんが亡くなり、ドリスは最年少の億万長者となります。
23歳で結婚したドリスは、世界中を周るハネムーンに旅立ちます。
途中立ち寄ったインドのタージマハルで、ドリスはイスラム美術に魅了されます。
そして、ハネムーンの最後の場所、ハワイを訪れたドリスは、たちまちハワイに恋します。
数週間の滞在予定を延ばし、4ヶ月ハワイに滞在したドリス。
一旦帰国したドリスは、翌年、カハラのオーシャンフロントに5エーカーの土地を購入。
ドリスの理想郷、シャングリラ邸の建設が始まります。
1938年に一応(!)完成しますが、ドリスは亡くなるまで修復を重ねながら
それはそれはたくさんのイスラムアートを、旅先やオークションで収集したり
時には特注で作らせたりして、シャングリラを創り上げていきました。
1993年、ドリスは80歳の生涯を閉じます。
もっとたくさんの人々にイスラムアートを知ってほしいという思いから
ドリスは、シャングリラ邸を一般公開することを望みました。
そして、2002年、ホノルル美術館監修のもと、一般公開が始まります。

興味わいてきました?



さぁ!ついに、シャングリラ邸を訪れる日がやってきました!
どんなものが見れるかワクワクです♪

まずは、ホノルル美術館に集合。

e0277172_1148667.jpg

平屋のアジアンちっくな建物がとてもステキな雰囲気の美術館です♪


e0277172_11503052.jpg

少し早めに着いたので、集合時間まで美術館巡り。

シャングリラ邸ツアー代金($25ドル)には、ホノルル美術館の入館料も含まれているので
ツアーの前後は自由に美術館内を巡ることができます♪
ちなみに、毎月第一水曜日と第三日曜日は入館料無料です!

館内、フラッシュなしで撮影 OK です♪

日本、その他アジア、ミドルイースト、モダンアートなど
いろいろなセクションに別れていて、意外と見ごたえありです。


集合時間になったら、シャトルバスに乗ってカハラへ向かいます。
場所はカハラの高級住宅地、ブラックポイント。

車は大きな門を抜けて、木立に囲まれた小道を下りていきます。

e0277172_1158241.jpg

車寄せに止まった車から降りると、大きなバニヤンツリーのあるエントランス
ここがシャングリラ邸の入り口です。
スマイリーフェイスのラクダ(これは中国かららしいです)が出迎えてくれます♪

ここからは、まったく邸宅は見えません。
見えるのはこの白い漆喰の壁と、木立だけ。

でも、このドアの中に一歩足を踏み入れると・・・
色とりどりのイスラムタイルに囲まれて、まるで別世界
どれもこれも、ため息ものです・・・
館内写真撮影禁止なので、お見せできないのが本当に残念!

中庭の大きな大きなブルーのモザイクタイル(17000ピース!)

大きな一面の窓から太平洋を見渡せるリビングルーム
ダイナミックな波のうねりを眺めることができます!

メッカを象徴するとてつもなく希少なモザイクタイルがある ミフラーブ(Mihrab)ルーム
このモザイクタイルだけで、このシャングリラ邸と同じぐらいの金額!

イスラムスタイルのテントをイメージして作られたダイニングルーム
大きなバカラのシャンデリアにまたため息

このダイニングルームはパティオに繋がっていて
ここからはしばし写真撮影 OK!

e0277172_12514414.jpg

日よけの支柱が美しいパティオ。


e0277172_12535510.jpg

ここで朝のコーヒーを飲んだり、夕陽を眺めながらシャンパンを飲んだりしたんでしょうか・・・
想像して、うっとりです。


e0277172_12555411.jpg

こんな色とりどりのモザイクタイルが、いたるところにあしらわれていますが
ぜんぜんうるさくなく、とってもステキなんです♪


e0277172_13103610.jpg

パティオから、敷地の反対側に位置するプレイハウスを見たところ。
家の外を回って、芝生の庭に出ます。


e0277172_1312451.jpg

庭とプレイハウスの間には、流れる噴水とプール!
プールの正面がリビングルームになっていて
海側と山側に一部屋ずつベッドルームがあるそうです。
ゲストが泊まるのはここですね。

エルトン・ジョンがハワイでコンサートをやった時に
ここに滞在したらしいですよ!


e0277172_131429100.jpg

こちらは、ドリスの寝室がある建物。
ただいま、急ピッチで修復作業中で、来年には一般公開される予定とのこの!


e0277172_13162331.jpg

庭からの海の眺め。
本当に、建物や内装だけでなく、ビューも美しい場所です。


e0277172_1318426.jpg

こちらが先ほど通ってきたリビングルームとそれに続くダイニングルーム。
この窓も、全部開け放たれて、とてもオープンな空間にしていたそうです。


中に戻って、シリアン・ルームを見学。
これは、オスマン朝時代のダマスカスの邸宅の応接間をドリスが購入したもの!
億万長者、購入するものの規模が違います!笑

次は、修復作業が終わって、去年10月に一般公開され始めたダマスカス・ルーム
こちらも、ドリスがダマスカスに旅行に行った際に立ち寄った美術商の内装をたいそう気に入り
後に購入して、超一流の職人が、シャングリラ邸に合うよう修復したものだそうです。

邸宅の中はこれで終わり。
最後にエントランスに出て、もう一つのドアを入って、ムガール・ガーデンを見せてもらいました。

見るもの全てがゴージャス!
ドリスは、アメリカの数箇所に邸宅を所有していましたが
このハワイのシャングリラ邸だけは、最初からドリスがデザイン、建築に携わったそうです。

イスラムアートもステキでしたが、ドリス・デュークという女性にとっても興味がわいてきました!
シャングリラ邸が一応完成した時、ドリスたったの26歳ですよ!
もう、それだけで、どんな人生だったのか興味津々!


ドリスのこと、シャングリラのこと、もっともっと知りたい!

新たな野望!
いつか、シャングリラ邸の日本語ツアーガイドになる♪
イオラニ宮殿ツアーに行った時は、いつかイオラニ宮殿のツアーガイドになりたいと思ったけ・・・笑


シャングリラ邸ツアー、お見逃しなく!
ホノルル美術館と合わせて、アートな一日を過ごすのもいいですね♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-12-30 21:31 | 遊ぶ Activities

終わっていたようで、実はまだ続く Sea Life Park!笑

ウォルフィンとイルカのショーを見た後に
もうひとつ、イルカのショーを見に行きましたよ♪

e0277172_13355181.jpg
こちらは、オープンエアーの屋内プール


e0277172_13371588.jpg
こんな風に、水中のイルカを見ることができちゃいます。


e0277172_1338453.jpg
子供に笑いかけるイルカくん。
かわいい~♪


e0277172_13424156.jpg
子供たちがプールの周りに集められましたよ。
さて、何が起こるでしょう?
何やらたくらんでいるような、得意顔のイルカくん


e0277172_13461114.jpg
はい!お約束!
イルカくん、水面で思い切りバシャバシャ水しぶきをあげ
そのしぶきを受けて歓声をあげる子供たち!
これは楽しいね~!


e0277172_142211.jpg
水の中からジャンプして
天井からぶら下がっているボールにタッチ!
お見事~!!


e0277172_1431681.jpg
ここで、かわいい仲間が登場~♪
ヨチヨチ歩きのペンギン~♪

腕を広げて待つインストラクターのお姉さんへ向かって
ヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチヨチ

"もう~、置いていかないでよ~!!"
と言わんばかりに腕の中に倒れこむ姿がかわい過ぎる~♪♪♪


e0277172_1441628.jpg
華麗なジャンプが続きます!


e0277172_1451363.jpg
水の中にもぐりこむ姿も良く見えちゃいますよ。
勢いよく、シュッと入っていきます!


e0277172_146660.jpg
最後はみんなで一緒にジャンプ!!


ダイナミックなイルカのジャンプを間近で見れて
こちらも大興奮のイルカショーでした!


なかなか楽しい時間を過ごせた Sea Life Park。
いろいろなショーが見れて、子供も大人も楽しめますよ♪
とっても暑いので、日焼け止め、帽子、日傘、お水を忘れないように!
中の売店、待っている間に熱中症になっちゃうんじゃないかってほど並ぶ羽目になります!



e0277172_146508.jpg

イルカくん、すっごく楽しかったよ!
ありがとうね♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-10-01 19:50 | 遊ぶ Activities

やっと見つけた ウォルフィン
いよいよ、イルカショーの始まりです!
もちろん、ウォルフィンも見せてくれます!

その前に・・・
e0277172_174612.jpg
イルカのプールを、パノラマモードで撮ってみましたよ。
左側にラビットアイランドも見えるステキな眺め♪

さぁ!何が始まるのか、ワクワクしてきましたよー!

e0277172_1722085.jpg
まずは、華麗なジャンプから!

e0277172_1719169.jpg
体のしなやかさにびっくり!

e0277172_17231575.jpg
シンクロいきますよ!

e0277172_1724846.jpg
立ち泳ぎもシンクロ!

e0277172_17251665.jpg
3頭一緒にジャンプ!

e0277172_17263646.jpg
バック転もお見事!

e0277172_1728175.jpg
空中逆さ180度?!

e0277172_1729358.jpg
はい!ウォルフィン出ましたー!!

e0277172_1731390.jpg
イルカのお姉さんとイルカの競演!
イルカにプッシュされて空高く飛び出ました!
3mはありますかね?

e0277172_1733895.jpg
イルカとサーフィンもやっちゃいます!

e0277172_17341148.jpg
これもウォルフィン!
水中からこんなに高くジャンプしちゃうなんて!
すごいよ、ウォルフィン!!

e0277172_17354919.jpg
イルカのおなかも見ときましょうね♪

e0277172_17473744.jpg
締めのジャーンプ!!


大興奮のイルカショーでした!!

ウォルフィンとステキなイルカの仲間たち
ありがとうー♪♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-09-18 23:16 | 遊ぶ Activities

お待たせしました!続きです♪


"ウォルフィンはどこかなぁ~" とキョロキョロしながら
イルカのショーの席取りのため、ドルフィン・コーブに向かいます。

イルカショーが始まる前に、そのドルフィン・コーブで
イルカと触れ合うプログラム(有料)が行われていました。

ふん?と見ると・・・

e0277172_13465616.jpg

おぉ?!
もしや、あれは?!

e0277172_13505281.jpg

ウ、ウォルフィン?!
いたー!!ウォルフィンがいたー!!

本当に、他のイルカより色が黒くて、口ばしが短い!
一目瞭然!笑 奥にいるのがウォルフィン!


ここでみなさん何をやっているかというと・・・

e0277172_13551455.jpg
左側にイルカのインストラクターとイルカとウォルフィン
右側にプログラムに参加している子供が一人待機
足を開いて、プカプカ浮いています

e0277172_1358443.jpg
インストラクターの笛の合図でクルッと向きを変えて
子供に向かって、水の中をスーッと移動していくイルカとウォルフィン

e0277172_1403026.jpg
子供の後ろに回り込み・・・

e0277172_1421398.jpg
口ばしで、足裏をプーッシュッ!!

すごい!!

こちら、別の参加者。
うまくいくことこんな具合に
e0277172_14125811.jpg
水の中からスタンドアップの状態で移動!

素晴らしい!!


ちなみに・・・
この Dolphin Royal Swim という名のプログラム
大人も子供も同料金、お一人様 $249.99 ドル(た、高っ!)
45分間(water time 30分)


世界に一頭しかいないウォルフィン、元気いっぱい働いてました!笑


そろそろ、イルカのショーが始まるかしら?
続きます♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-09-11 19:28 | 遊ぶ Activities

シーライフパークの続き♪

e0277172_935711.jpg
アシカショーの後は、小道を抜けて
次なるショー、ドルフィンショーへ向かいます!

まだ、ショーまでに少し時間があったので、ちょっと寄り道。
今回、VIPチケットで入場料が$10ドルになるだけじゃなく
"これは、シーライフパークに行かねば!"
と思わせる目玉が実はありました!

e0277172_945273.jpg
それがこれ!
WHOLPHIN!
(ウォルフィン)

クジラとイルカのハイブリッド(2つの異質のものを掛け合わせたもの)。
世界にたった1頭しかいないウォルフィンが、ここオアフのシーライフパークにいるんだそうな!

私の同僚の一言
"ウォルフィン、今何歳なんだろ?ウォルフィン死んじゃう前に行かないと!"
で、シーライフパーク行き即決!
1985年生まれの、今年28歳でした

シーライフパークに入って、"ウォルフィン、どこにいるんだろう~?" と思っていたら
ウォルフィンのプールを発見したのですが・・・

e0277172_910143.jpg
「キミがウォルフィン?!」

「いえ、普通のイルカですけど?」
目つき悪い~。笑

ウォルフィン、普通のイルカより口ばし(?)が短く、色が黒いんだそうですが・・・

e0277172_9143793.jpg
「キミ、口ばしちょっと短くない?もしかして、ウォルフィン?!」

「失礼ですねぇ、良く見てくださいよ~。色、黒くないでしょ?
普通のイルカですよ。見れば分かるじゃないですか~」

「あぁ、ごめんごめん。そういえば、普通の色だよね。
じゃぁ、ウォルフィンはどこかなぁ・・・?」

・・・と聞いても、答えてくれるはずもなく。

e0277172_9153635.jpg
と、イルカくんが隣のプールとの仕切りの柵に近づいていきました。

柵の向こうには別のイルカが。

e0277172_9172775.jpg
「なにやってるん?」

「ん~?仰向けになりたい気分なの~。
結構、楽しいよ」

e0277172_9185659.jpg
「どれどれ?あ~ホントだ~。
こりゃ、楽しいね♪」

e0277172_9343935.jpg
くるっとひっくり返って・・・

e0277172_9412876.jpg
もう一回、もう一回!

しばらく2頭で、楽しそうに遊んでました♪


e0277172_944815.jpg

イルカのプールの向こうにはラビットアイランド。
とてもステキな眺めです♪

結局、ウォルフィンは分からず・・・
どこにいるんでしょ?


続きます♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-09-03 15:56 | 遊ぶ Activities

あっという間に8月が終わって、気がつけば9月!
私の誕生月なので、パワーアップして楽しみますよ~♪
1ヶ月はあっという間だけど、1年もあっという間だ~

では、シーライフパークの続きを♪

シーライフパークでは、いろいろなショーを見ることができます♪
ショーのスケジュールは、入り口でお金を払った時にもらえます。

海がめのプールの前で、たくさんの海がめを眺めながら
ショーのスケジュールをチェックすると、すぐに始まるものがありました!

e0277172_12265923.jpg

Sea Lion = アシカ のショーです♪

e0277172_12341226.jpg
シーライフパークは、コオラウ山脈のふもとにあります。
アシカのプールのバックには、こんなコオラウ山脈の風景が♪

e0277172_12351656.jpg
ショーの始まり~♪
これは、映画「ピンクパンサー」のスキットをやっているところ。笑
壁に張り付いて身を隠し、スススッと横に移動していきました。

e0277172_1240365.jpg
ショーを楽しんでいるお客様たちにご挨拶♪

e0277172_12415089.jpg
こちらは、チュチュを身に着けたトレーナーとバレーを披露♪
可憐なジャンプ!

e0277172_12425260.jpg
ピシーッとポーズを決めます♪

e0277172_12442695.jpg
輪っかくぐりもお手の物!
水の中から、どうやってこんなにジャンプできるんでしょう?!


可愛らしい、愛嬌のある動きに大笑い!
とても芸達者なアシカたち(2頭)でした!


続きます♪


*****

gakudou くんへ私信

ホールフーズの写真、いくつかあるので
これとか、これとか、これ、見てみて~♪
お店の雰囲気、伝わるかな?
[PR]
by mikityhawaii | 2013-09-01 18:02 | 遊ぶ Activities

1992年の初ハワイから21年。
ついに、ここにも足を踏み入れる日が来ました!

e0277172_1312782.jpg

Sea Life Park ♪

マカプウビーチの山側にあります。

元々、テーマパーク系には興味のない方。
だから、Sea Life Park にも行きたいと思ったことなし。

でも、職場で、"VIPチケット"なるものをいただき
なんと $10ドルで入れるというので、これはいいチャンス!と思い行ってきました♪
ちなみに、通常は $29ドル

行くとなったら楽しまないと♪
到着したら、ワクワクしてきましたよ~。笑

まず中に入って、私たち(職場の同僚と行ってきました♪)を迎えてくれたのは
↓この方♪

e0277172_13193912.jpg

イルカくん♪

これ、何か分かります?



e0277172_13212847.jpg

ゴミ箱でした!
カワイ過ぎる~♪♪

口からゴミを入れます。
子供が喜びそうですよね♪
ハリキッてゴミ捨ててくれそう~。笑

イルカくんの右手後方に見える入り口から、中に入ります。
そこは・・・

e0277172_1326535.jpg

Shark Tank

サメの水槽に沿って、らせん状に通路を下りていきます。

e0277172_13284079.jpg

幻想的な海の底を歩いているよう。

e0277172_13292094.jpg

ここにいるのは、ハンマーシャークというサメ。
ハンマーの両端に目がついているみたいで、おもしろい顔。笑

さすが Sea Life Park!
いきなり海の中の世界に引き込まれます。



e0277172_13302283.jpg

下までたどり着くと、地上に出ます。
不思議な構造
そこでは、たっくさんの海がめ出迎えてくれます!

甲羅に、ピンクとブルーで名前が書いてあって
どの子が男の子か女の子か分かるようになってました♪


しばらく、Sea Life Park お付き合いくださいね。
続きます♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-08-26 18:43 | 遊ぶ Activities

さぁて!ドライブに繰り出すか!
と向かった先はタンタラスの丘。

スーパー雨女の妹がハワイ入りしたにもかかわらず、
とーってもいいお天気!!笑

ずっと前に妹をタンタラスへ連れてきた時は、お約束の夜景でしたが、
日中のパノラマビューはまだ見せたことがなかったんですよね。

・・・と、タンタラスの丘に向かって道を登り始めたら、
Miffy、いつもと違う方から登り始めてしまいました。
タンタラスの丘に向かうには、2つの行き方があるんですが、
どっちから回っても同じなので、遠回りでぐるっと山を回っていくことに。

いろは坂のようにくねくねとした山の坂道を登っていきます。
山を上がって行くほど、森のいい香りが車内に入ってきますよ♪

かなり上まで上がったと思ったら、ぐるっとまわって道が下り始めました。
タンタラスの丘までもう少しというところで、

"Pu'u 'Ualaka'a State Wayside"

という表示を見つけました。

プウ? ウアラカ? ア?

どうやら、州立公園のようです!

こんなのがあるなんて、まったく知りませんでした!
これは行ってみるしかないでしょう!!
前置きが長くなりましたが、写真までもう少し!笑

"Lookout (展望台)" の標識に従って車を進めていくと駐車場に到着。
外は、車のドアを開けるのが大変なぐらいのものすごい風です!!

e0277172_17593036.jpg

おぉ!木々の間からダイヤモンドヘッドが見える!!
これはかなり期待できそうな予感!

e0277172_1841987.jpg

この先が、展望台になっているもよう。
どんな景色が広がっているのか、ワクワクです♪

強風に背中を押されながら前へ進んでいくと・・・

じゃじゃ~ん!!

e0277172_1861889.jpg

awesome~♪♪♪

ホノルルの街、ダイヤモンドヘッドに海が一望!

e0277172_18112128.jpg

こちらは、ヤシの木の後方に、
ホノルル空港まで見えちゃいます!

e0277172_1815949.jpg

展望台の先端は、風で柵に押し付けられて、
下手したら転げ落ちるんじゃないかというほどの暴風!
柵につかまっていないと怖いぐらい。

e0277172_1823453.jpg

全身で風を受ける小僧(Miffy)発見。笑
危ないからもっとこっち来て~!!

e0277172_18283662.jpg

一般に「タンタラスの丘」と呼ばれる場所よりもかなり上です。
なので、帰りにタンタラスの丘のところまで下りてきた時には、
景色がずいぶん低く見えちゃうぐらい。
写真はパノラマビューに見入る妹♪

こちら、この時期は夕方6時45分、夏は7時45分でゲートが閉まるので、
残念ながら、夜景を見ることはできないみたいです。
でも、黄昏時の素敵なビューが期待できそうですね!
ぜひ、今度はその時間帯に行ってみなくては!

ハワイ在住11年にして、
まだまだ知らないところはたくさんありそうです!
[PR]
by mikityhawaii | 2013-02-27 23:55 | 遊ぶ Activities
両親ハワイ6日目は、アメリカ唯一の宮殿、
イオラニ宮殿へ行ってきました♪
事前に、電話で日本語ツアーを予約。
日本語ツアーは、月曜日-土曜日の11:30から
e0277172_11555799.jpg
宮殿裏側が集合場所です。

今回、イオラニ宮殿ツアーをリクエストしたのは、実はこの私。
10年もハワイに住んでいて、その前の10年は毎年ハワイを訪れていたにもかかわらず、
今の今まで、イオラニ宮殿に行ってみようと思わなかったなんて!

宮殿を見上げ、これから垣間見るハワイ王朝の時代に思いを馳せてみる・・・
e0277172_12145294.jpg
まずは、外のポーチの椅子に座り、
ツアーについての注意事項を聞きます。
その時に、一人ひとりに靴カバーが渡されます。
たくさんの人が訪れるので、床を傷つけないようにとの配慮からです。
e0277172_1218230.jpg
ラッキーなことに、この夏から、試験的にフラッシュ無しでの館内撮影が許可されていました。
ただし、ツアーの時間が決まっているので、
ガイドさんがいいですよ、と言うまでは写真を撮らないようにとのこと。
それぞれが写真を撮り出すと、みんなが揃うのに時間を取られてしまうためです

こちらは、宮殿に入った入り口正面の大広間。
コア材で作られた物では最大級の階段。
階段踏み板部分は、宮殿の床材で唯一当時のままに残っているところだそうです。
それ以外の部分はシロアリの被害を受けて、修復工事中に取り替えられました。

大広間には、初代カメハメハ大王から最後の女王リリウオカラニまで
8人の王/女王の肖像画が飾られ、
世界各国から贈られた品々が飾られています。
日本の天皇家から贈られた壺もありましたよ。

お部屋を一つひとつ見学していきます。
青いベルベットのカーテン、青い生地が張られた椅子やソファーが置いてある
"青の間"は、リリウオカラニ女王お気に入りの応接室。
その向こうには、お客様のおもてなしをする正賓質。
ここでは写真撮影のokが出ませんでした。涙
そして・・・
e0277172_1240885.jpg
カラカウア王在位時代を再現した
"王座の間"

ダンスが大好きだったカラカウア王。
ここで開かれる舞踏会は、朝方まで続いたそうです。
深夜には、先に見た正賓質で夜食も出されたとか。笑

王座に座るカラカウア王、着飾った人々で溢れる舞踏会を想像してうっとり♪

この王座の間は、悲しい行事にも使われます。
カラカウア王は病気の治療のためにサンフランシスコに行きますが、
治療のかいも無くサンフランシスコで亡くなります。
ホノルルに戻ったご遺体は、この王座の間に安置されました。

また、リリウオカラニ女王がクーデターの疑いで逮捕された後、
裁判にかけられたのも、この王座の間でした。
e0277172_12571710.jpg
透かし彫りがとても美しいシャンデリア。

新しいもの好きでもあったカラカウア王。
エジソンがパリ万博で白熱電球を発表したのを見て、
翌年、直々にエジソンに会いに行き、さっそく宮殿にも電気を引きます。

2階では、カラカウア王の寝室、執務室、王妃の寝室と
"金の間"と呼ばれた音楽室を見学。
リリウオカラニ女王が幽閉されたお部屋もありました。
こちらのお部屋には、幽閉されていた間に女王が縫ったキルトが展示されています。

女王/王妃ゆかりのジュエリーや、王様たちの勲章が展示されている
地下室を見学して、日本語ツアーは終わりました。

この宮殿がハワイ王国の中心として使われたのは、ほんの10年余り(1882-1893)。
ハワイ王朝が終焉を迎えると、臨時政府のための議会場、行政庁舎として使われました。
その後、修復工事を経て、1978年より歴史博物館として一般公開されるようになります。

ハワイ王朝を偲ぶイオラニ宮殿ツアー。
華やかな賑わいと、王朝の終焉の一部始終を見てきた宮殿は、
静かに私たちを迎えてくれます。
ハワイ王朝の歴史に興味のある方、日本語ツアーお勧めです!
私、絶対また行きます!

ただし・・・
霊感の強い方、やっぱり何か感じるらしいですよ~
職場のスタッフの旦那様、どうにも入れないお部屋があったそうです・・・
[PR]
by mikityhawaii | 2012-10-16 18:33 | 遊ぶ Activities
ビショップ博物館本館のお隣、キャッスルホールにて、
「Textured Lives -語る織物:ハワイプランテーションに従事した日本人移民の衣類」展
が開催されていてて、日本移民の歴史を垣間見ることができました。
e0277172_5284176.jpg
19世紀初め、白人たちがハワイに入ってきます。
ハワイ王朝に取り入った彼らは、発言力を増していきました。
サトウキビを輸出資源として大規模生産を始める、というのも彼らの提案によるものでした。
白人の投資家たちにより、ハワイ各地にサトウキビ農場が設立されていき、
ハワイ王国内のハワイ人たちだけでは労働力を確保することが困難になり、
1830年代より、国外の労働力を輸入する方策が模索され始めます。

カラカウア王は1881年、移民問題について学びまた外交関係を改善するため
ハワイを経ち、サンフランシスコを経由して、日本を始め世界14カ国を訪問しました。

最初の訪問地、日本(当時、明治14年)では、カラカウア王を
"日本の土を踏む最初の外国元首"として歓待したようです。
e0277172_536998.jpg
カラカウア王直筆の日記。
"(たぶん、1881年3月24日?)朝8時、我々はサンフランシスコより横浜に到着した"
と書いてありますね。
読みやすい、とてもきれいな字です!
e0277172_5371439.jpg
前列真ん中が、カラカウア王。
"メリー・モナーク(陽気な君主)"とあだ名されたカラカウア王、
陽気で気さくな人柄を感じられますか?

この訪問で、カラカウア王は明治天皇と会談し、移民の要請と、
姪のカイウラニ王女と後の東伏見宮依仁親王との政略結婚を要請します。
西欧諸国の政治的経済的侵略に危機感を抱いていたカラカウア王は、
この結婚により、ハワイ王朝と天皇家との間の関係強化を画策しましたが、
アメリカとの関係悪化を懸念する明治政府から丁重に断られてしまいます。

後で調べていて"おや?"と思ったんですが、
カラカウア王の写真左側にいるおひげの方・・・
東伏見宮依仁親王のようですよ?
当時カイウラニ王女は5歳でした。ま、年齢的にも無理がありますよねぇ~
e0277172_5383074.jpg
明治天皇直々、丁寧なお断りのお手紙を書かれています。
"陛下の良友、睦仁" と結ばれています。

"カラカワ陛下" 宛てとなっていますよ!
カラカウア=カラカワと聞こえたんでしょうか。笑

それにしても、睦仁陛下も、まるでお手本のような
綺麗でとても読みやすい字ですね!
e0277172_5395178.jpg
このお手紙、こーんなに長いものです!
カラカウア王のために翻訳するの大変だっただろうなぁ~笑

ハワイ王室と日本皇室の政略結婚が相成っていたら、
今頃、日本とハワイの関係はどんな風になっていたのでしょう・・・?
その後滅びてしまうハワイ王朝と共に日本も・・・
もしくは、日本という大きな後ろ盾をつけて、いまもハワイ王朝が存続していたかも・・・
いや、ハワイ王朝はなくなったけど、アメリカ50番目の州になったから、
日本もアメリカの一部になっていたとか・・・

みなさんはどんな想像をしますか?
e0277172_645748.jpg
本館、キャッスルホールの目の前には大きな芝生が広がっています。
その向こうには、火山の仕組みを見ることができる
サイエンス・アドベンチャー・センターがあり、
入り口にはプラネタリウムもあります♪
入館料にプラネタリウム、サイエンス・アドベンチャー・センター、特別展示すべて含まれています

ハワイの歴史やポリネシアンカルチャーに触れたくなったら、
ぜひビショップ博物館に足を運んでみてください♪

Miffyはこんなの興味ないだろうと思っていたら、
"小さい時に行ったきりだから、もう一回行きたいよー!!"と憤慨してました。笑
"すごい良かったよー!見てみて!クー神像もあるんだよー!"と写真を見せたら、
"ずるいよ!見せびらかせて、イヤミ?!"だって。笑
今度、一緒に行こうね♪

*ハワイの移民、カラカウア王についてはwikipediaを参考にしました
[PR]
by mikityhawaii | 2012-10-15 12:01 | 遊ぶ Activities