2002年に渡ハして12年。ハワイから、Alohaをお届けします♪


by mikity
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

理想郷 in Hawaii ♪ @ Doris Dukes's Shangri La


気付けば、今年も残すところあと1日・・・
家族のハワイ滞在記、年越し決定です。笑

*****
両親ハワイ滞在4日目。

数年前から、ずーっと気になっていた場所がありました。

なんでも、12歳で億万長者となった女性が
後に、彼女の理想郷(シャングリラ)をハワイに建てとか。
その邸宅を、ホノルル美術館のツアーで見ることができるらしい・・・

一度、両親が来る時に合わせて、ツアーの申し込みをしてみたんですが
なんと、このシャングリラ邸、メインテナンスのために毎年9月は休館!
両親がハワイに来るのは毎年9月。
無理じゃ~ん・・・とあきらめていたら、今年は11月に来ることに!
早速、シャングリラ邸、日本語ツアーを申し込みましたよ!


Doris Duke's Shangri La について少々・・・

e0277172_1223298.jpg
Doris Duke - Google Image より
美しい女性でしょ~


1912年、ドリス・デュークはニューヨークで生まれました。
その当時、ドリスのお父さんは、タバコ産業と電気会社で成功を収め、巨万の富を築きました。
ドリスが12歳の時、お父さんが亡くなり、ドリスは最年少の億万長者となります。
23歳で結婚したドリスは、世界中を周るハネムーンに旅立ちます。
途中立ち寄ったインドのタージマハルで、ドリスはイスラム美術に魅了されます。
そして、ハネムーンの最後の場所、ハワイを訪れたドリスは、たちまちハワイに恋します。
数週間の滞在予定を延ばし、4ヶ月ハワイに滞在したドリス。
一旦帰国したドリスは、翌年、カハラのオーシャンフロントに5エーカーの土地を購入。
ドリスの理想郷、シャングリラ邸の建設が始まります。
1938年に一応(!)完成しますが、ドリスは亡くなるまで修復を重ねながら
それはそれはたくさんのイスラムアートを、旅先やオークションで収集したり
時には特注で作らせたりして、シャングリラを創り上げていきました。
1993年、ドリスは80歳の生涯を閉じます。
もっとたくさんの人々にイスラムアートを知ってほしいという思いから
ドリスは、シャングリラ邸を一般公開することを望みました。
そして、2002年、ホノルル美術館監修のもと、一般公開が始まります。

興味わいてきました?



さぁ!ついに、シャングリラ邸を訪れる日がやってきました!
どんなものが見れるかワクワクです♪

まずは、ホノルル美術館に集合。

e0277172_1148667.jpg

平屋のアジアンちっくな建物がとてもステキな雰囲気の美術館です♪


e0277172_11503052.jpg

少し早めに着いたので、集合時間まで美術館巡り。

シャングリラ邸ツアー代金($25ドル)には、ホノルル美術館の入館料も含まれているので
ツアーの前後は自由に美術館内を巡ることができます♪
ちなみに、毎月第一水曜日と第三日曜日は入館料無料です!

館内、フラッシュなしで撮影 OK です♪

日本、その他アジア、ミドルイースト、モダンアートなど
いろいろなセクションに別れていて、意外と見ごたえありです。


集合時間になったら、シャトルバスに乗ってカハラへ向かいます。
場所はカハラの高級住宅地、ブラックポイント。

車は大きな門を抜けて、木立に囲まれた小道を下りていきます。

e0277172_1158241.jpg

車寄せに止まった車から降りると、大きなバニヤンツリーのあるエントランス
ここがシャングリラ邸の入り口です。
スマイリーフェイスのラクダ(これは中国かららしいです)が出迎えてくれます♪

ここからは、まったく邸宅は見えません。
見えるのはこの白い漆喰の壁と、木立だけ。

でも、このドアの中に一歩足を踏み入れると・・・
色とりどりのイスラムタイルに囲まれて、まるで別世界
どれもこれも、ため息ものです・・・
館内写真撮影禁止なので、お見せできないのが本当に残念!

中庭の大きな大きなブルーのモザイクタイル(17000ピース!)

大きな一面の窓から太平洋を見渡せるリビングルーム
ダイナミックな波のうねりを眺めることができます!

メッカを象徴するとてつもなく希少なモザイクタイルがある ミフラーブ(Mihrab)ルーム
このモザイクタイルだけで、このシャングリラ邸と同じぐらいの金額!

イスラムスタイルのテントをイメージして作られたダイニングルーム
大きなバカラのシャンデリアにまたため息

このダイニングルームはパティオに繋がっていて
ここからはしばし写真撮影 OK!

e0277172_12514414.jpg

日よけの支柱が美しいパティオ。


e0277172_12535510.jpg

ここで朝のコーヒーを飲んだり、夕陽を眺めながらシャンパンを飲んだりしたんでしょうか・・・
想像して、うっとりです。


e0277172_12555411.jpg

こんな色とりどりのモザイクタイルが、いたるところにあしらわれていますが
ぜんぜんうるさくなく、とってもステキなんです♪


e0277172_13103610.jpg

パティオから、敷地の反対側に位置するプレイハウスを見たところ。
家の外を回って、芝生の庭に出ます。


e0277172_1312451.jpg

庭とプレイハウスの間には、流れる噴水とプール!
プールの正面がリビングルームになっていて
海側と山側に一部屋ずつベッドルームがあるそうです。
ゲストが泊まるのはここですね。

エルトン・ジョンがハワイでコンサートをやった時に
ここに滞在したらしいですよ!


e0277172_131429100.jpg

こちらは、ドリスの寝室がある建物。
ただいま、急ピッチで修復作業中で、来年には一般公開される予定とのこの!


e0277172_13162331.jpg

庭からの海の眺め。
本当に、建物や内装だけでなく、ビューも美しい場所です。


e0277172_1318426.jpg

こちらが先ほど通ってきたリビングルームとそれに続くダイニングルーム。
この窓も、全部開け放たれて、とてもオープンな空間にしていたそうです。


中に戻って、シリアン・ルームを見学。
これは、オスマン朝時代のダマスカスの邸宅の応接間をドリスが購入したもの!
億万長者、購入するものの規模が違います!笑

次は、修復作業が終わって、去年10月に一般公開され始めたダマスカス・ルーム
こちらも、ドリスがダマスカスに旅行に行った際に立ち寄った美術商の内装をたいそう気に入り
後に購入して、超一流の職人が、シャングリラ邸に合うよう修復したものだそうです。

邸宅の中はこれで終わり。
最後にエントランスに出て、もう一つのドアを入って、ムガール・ガーデンを見せてもらいました。

見るもの全てがゴージャス!
ドリスは、アメリカの数箇所に邸宅を所有していましたが
このハワイのシャングリラ邸だけは、最初からドリスがデザイン、建築に携わったそうです。

イスラムアートもステキでしたが、ドリス・デュークという女性にとっても興味がわいてきました!
シャングリラ邸が一応完成した時、ドリスたったの26歳ですよ!
もう、それだけで、どんな人生だったのか興味津々!


ドリスのこと、シャングリラのこと、もっともっと知りたい!

新たな野望!
いつか、シャングリラ邸の日本語ツアーガイドになる♪
イオラニ宮殿ツアーに行った時は、いつかイオラニ宮殿のツアーガイドになりたいと思ったけ・・・笑


シャングリラ邸ツアー、お見逃しなく!
ホノルル美術館と合わせて、アートな一日を過ごすのもいいですね♪
[PR]
by mikityhawaii | 2013-12-30 21:31 | 遊ぶ Activities